組織と運営

■総会
総会は、商工会の最高意志決定機関です。総会は、全会員で組織されています。会員は、公平に一つの議決権を有し、総会に参加して、意見を商工会に反映させることが出来ます。
■理事会
会長・副会長・理事
理事会は、商工会運営に関する事項の審議機関で、会員の中から選ばれた会長・副会長・理事で構成されます。
■監事
商工会の業務及び会計の状況を監査し、総会において報告します。
■委員会
地域商工業の重要な問題について調査研究するために、学識者や商工会役員などで構成される委員会が置かれています。
■業種別部会
商工会には、会員が営んでいる主要な事業の種類ごとに、それぞれの事業の適切な改善発達を図るために、部会が置かれています。
■青年部及び婦人部
商工会には、若手経営者や事業後継者で組織する青年部と、婦人経営者や会員の婦人・子女で組織する婦人部があります。
↓↑
■会員
↓↑
■商工業者など

 


■商工会では、経営に関するさまざまな悩みや相談にお答えしています。

▼経営改善普及事業

「経営改善普及事業」は、小規模事業者の経営又は技術の改善発達を図るためのもので、国・都道府県の補助を受けて、商工会の事業の中でも特に重要なもののひとつとして、積極的に推進しています。
この事業には、国が認定した経営指導員などが従事しており、小規模事業者の良き相談相手として、適切な助言などを行っています。具体的には、金融斡旋・税務指導・情報の提供・経営指導・講習会・研修会の開催、などです。

▼地域総合振興事業

相互扶助・親睦や情報交換・福利厚生等社会福祉活動・地域課題に対する調査研究活動